デーブ&バスターズ

場所

 ワードエリアの映画館の隣.

地図


大きな地図で見る


利用時期

 ほぼ毎年行っていましたが、息子が中学生になったぐらいから、足が向かなくなりました。最近は、この店の横の映画館に行くようになっています

説明

 ショッピングのカテゴリーには入らないかもしれませんが、他に分類しようがなかったのでここに書きます。

 ワードエリアにあるゲーム場。レストランも併設されているので1日中遊べます。すぐ隣には映画館もあります。

 我が家はレストランは利用せず、ひたすらゲームを楽しみました。入り口には常にお兄さんかお姉さんがいて、入るときに早口で何か言われます。

 たぶんゲームをするのかと聞いているのだと思いますが、よくわかりません。入るときに必ず1枚のコインをくれます。これも何なのかよくわかりません。ともかくくれるものは断らずにもらって入場。

 中に入ると正面にエスカレーター、左にレストランとビリヤード、右にトイレがあります。詳細は2002年のページに書いてあります。ゲーム場はエスカレーターを利用。エスカレーターを降りた左側に受付ブースがあるので、ここでゲームで使用するカードを作成します。

 作成料はたしか2ドル($1かも)。このカードに遊ぶ料金を記録してもらいます。つまり$10ぶん遊びたかったら$12払うということです。

 一度カードが出来ると、これはず〜と使えます。ゲームでカード内に記録されているお金を使い果たした後は、ゲーム場の各所に散らばっている機械で再度記録できるシステムです。(もちろんお金が必要)

 ゲームはコインを使うゲームとカードそのものを使うゲームがあります。コインゲームはさらに別の機械で、購入したカードを使ってコインを購入します。カードで預金を引き出すのと同じ要領です。もちろんパスワードは必要ありません。いろいろなゲームで遊ぶとクーポンが出てくるのでこれを集めます。

 クーポンは帰り際に景品交換場のカウンターに持っていき、指示されるままに大きなかごに入れます。コンピューターで枚数が自動的に計算され、カードに記入されるので、その数に見合った賞品をその場で選びます。

 もし気に入ったものがなければ、この数は保存でき別の日にまたゲームを楽しんだ後加算できます。

 景品そのものは、正直なところ安っぽいものが多く、結構すぐ壊れます。Tシャツは襟が緩くなり、今は夏のパジャマ代わりです。

 今までの中で一番良かったのは、オレンジ色の派手なバスタオル。これだけは重宝しています。


トップページヘ 買い物はどこでに戻る