ビショップ・ミュージアム

ビショップ・ミュージアム 全体像
ビショップ・ミュージアム 全体像
ビショップ・ミュージアム ワイキキ方面
今は建物があって
見通しは悪くなっています
ビショップ・ミュージアム 天井のマッコウクジラ
展示室の天井の大きなマッコウクジラ
ビショップ・ミュージアム フラショー
展示室中央で行われていたフラショー


 ハワイの文化だけではなく、南太平洋の島々の文化を一挙に知ることが出来る、貴重な博物館。

 博物館というだけあって展示品はすべて堅苦しいものですが、ハワイについていろいろ知りたい、と思っている人は行く価値があると思います。

 ワイキキからバスで行く場合は2番バスで行きます。ただバス停から入り口まで数百m離れています。

 またバス停そのものも、住宅地のようなところで降りますので、あらかじめ運転手さんに教えてもらうよう頼んでおいた方が無難です。

 2003年にはロボット展をやっていたので、メカニカルなものに興味を感じる我が家としは、はずせない催しということで行ってきました。

 またホールで行われる無料のフラショーやプラネタリウムも見逃せません。入場料は結構高いので、いろいろなフリーペーパーについているクーポン券を活用すべきです。

 もしJCBのクレジットカードを持っていたら迷わずこれを使いましょう。割引率が最も良くなる、と受付の係りの人が教えてくれました。

 注目のロボット展ですが、まずバスケットのシュートを行うロボットがありました。これはすごい。機械のくせにほぼ100発100中でシュートを決めています。

 マニュアルでこの機械を操作するコンソールもあって、これは子供でも出来て面白い体験でした。さらに奥に行くと人間にとってかわりつつあるいろいろなロボットが展示されています。もっともロボットというよりは、単なる機械といったほうが良いかもしれません。

 目を引いたのは鍵をより分けるロボットや、動きを音に変換するロボット、靴紐を結ぶロボットなどです。

 2階には自分たちで思い思いの小さなプラスチックカーを組み立てるコーナーがあって、これは私も面白くて、思わず一生懸命組み立ててしまいました。

 また今回はフラショーとは別に、フラで使われる楽器について、特別に説明会が開かれていました。すべて英語なので意味はよくわかりませんでしたが、実際にたたいて見せてくれたり触らせてくれたので、ずいぶん参考になりました。

 2008年久しぶりに訪れたミュージアム。中央の広場に置いてあったモアナ像が撤去され、新しく火山ミュージアムが東側に出来ていました。

 しかしこの建物が出来たことで、広場から見えていたワイキキの遠景が遮られてしまい、ちょっとつまらない景色になってしまいました。

 火山ミュージアムの内容は、一応展示に工夫はされているものの、壊れて操作できなくなっている展示物もあり、ちょっとがっかりでした。なお広場の片隅で行われるフラショーは、時間があったら見る価値があると思います。

 2015年、改装された本館がオープン。プラネタリウムも新しくなりました。ホームページにイベント情報が掲載されているので、それを確認しながら訪問しています。

 一時期閉鎖されていた館内レストランも再開されたようです。


ハワイの表紙に戻る 「どこへ行こう」のページに戻る