シュノーケルグッズ、ゴーグル等

 ハワイに行くまで泳ぎはまったくダメでしたが、ワイキキビーチで遊んでるうちに少しずつ水に慣れ、体が浮くことが分かり、仰向けになって浮いたりしているうちに、なんとか平泳ぎもどきまでは出来るようになりました。

 しかし足の立たないところで泳ぐのはほぼ不可能。しかしそれでもハワイでは、腰の深さ辺りの海の中にも魚が多数いて、水の透明度も高いので空気中からも魚が良く見えます。

 私の好きなクヒオビーチでは、波打ち際に10〜20cmぐらいの鰯のような魚が何百匹も群れていて、観光客や子供達を楽しませてくれます。

 そんな魚を水中から眺められたらどんなに素晴らしいだろうかと考え、平泳ぎもどきでも顔さえつけられれば海の中を覗けるのではと考え、最初は水泳用の小さなゴーグルをつけて潜ってみました。

 すると空気中からは見えない岩の陰にいる魚を短時間ですが見ることが出来、もともと海釣りが趣味だったこともあり、一気にテンションが上がりました。

 このとき買って使っていたゴーグルは日本のいわゆる日用雑貨を扱う量販店で買ったものですが、特に問題はありませんでした。

 ただしゴーグルというものの限界だと思いますが、ともかく視野が狭い。水が入らないように少しきつめにすると、今度は目の周りが痛いという欠点がありました。

 それでもその後ハワイのロスドレスで買ったりもしましたが、もともと目が悪いのに視野が狭いのでは、魚の輪郭を追うだけで精一杯です。

 そこで、ハワイではよく見かけるシュノーケルは出来ないかと考えました。この顛末は別のページにまとめましたが、最初は風呂で練習。その後ハナウマやププケア、コオリナで実践。

 それなりに楽しい思いもしましたが、最初はすぐに水が入ってきて、鼻から水を吸い込んだりして大変でした。

 それはともかく、こういったシュノーケルやフィンといったものをどこで買えばよいのか?ABCにもいっぱい売られていますが、何だか妙にカラフルなものが多く、安いけど子どもっぽい。

 そう思ってスポーツオーソリティに行きましたが、今度は初心者が気軽に使えるような雰囲気のものが少なく、本当のシュノーケル愛好家が使うようなものばっかりあるような気がして気後れ。

 結局私の場合はウォルマートで買いました。しかし今思うと、やはりスポーツオーソリティあたりで、店員さんに話しを聞きながら買った方が良かったのではと思っています。

 ただ当時はまだ英会話にも余り自信がなく、「初心者にはどれが良いですか?」と聞く事にも勇気が必要でした。

 というわけで、実際に購入した道具の感想ですが、やはり日本人は日本のお店で相談しながら買った方が良いのではと思っています。

 理由は明白。たまたま買ったものがそうだっただけかもしれませんが、全体にサイズが一回り大きく作られている印象です。

 つまり目の部分のゴーグルも、咥えるマウスピースも外人さんサイズだということです。

 従って、顔の小さい日本人が装着すると水が漏れてきやすいのではないかと思っています。(単にへたくそなだけかもしれません)

 というわけで折角の機会だから長く続けようと思うのなら日本で購入。遊び半分でちょこっとやってみようと思うならABCやウォルマートまたはレンタル。

 やはり現地の製品が一番と思う人はワードにあるスポーツオーソリティで買うのが良いと思います。

 なおこれ以外にもフィンがあると便利です。また私のような初心者が図に乗って1時間ぐらいやっていると、ほとんど潜らないので、背中を激しく日焼けするということも良く分かりました。

 これは寝るときかなりきついので、注意した方が良いです。その意味では最低限上半身はTシャツぐらいを着ていたほうが良いのかもしれません。もちろん専用のスーツもあります。

 なおハワイのビーチではあちこちにレンタルショップもあります。私はマウスピースを口に咥えるという部分に抵抗感があって、レンタルは使ったことがありません。

 またウォルマートで買ったシュノーケルグッズは30ドルぐらいのものだったと記憶していますが、8年目ぐらいでプラスチック部分が破損し使えなくなりました。


トップページヘ 土産について 書籍の購入