エコバッグ

 2014年の夏は、息子と一緒にハワイ島に行きましたが、どうやらスーパーでビニールの袋は無料ではもらえない制度に変更になっていたようです。

 オアフ島についても、今後は袋をもらえなくなるようになると思っていますので、ショッピングバッグを日本から持参する必要がありそうです。

 ただし持参しなくても、お土産として使えるようなショッピングバッグが、あちこちの店で販売されるようになりました。

 我が家がこれまで利用したことがあるのは、ロングスドラッグスの安売りショッピングバッグ。

 デザインはシンプルですが、容量が大きい。日本に持ち帰ってスーパーで使ったことがありますが、我が家は食材をそれほど多く買わないので大きすぎました。

 しょうがないので、お米等を買ったときに使っているのですが、今度はお米が重いため、取っ手と袋の縫製部分の強度が不安になりました。

 結果的にあまり用途がなく、ちょっと失敗したなと思っています。ただ安いので、お土産用に買って、あちこち配るのには適しているかもしれません。

 次にABCで、100ドル以上使うとマグカップやショッピングバッグがもらえるサービスがあって、こちらは領収証さえ保管しておけば、無料でもらえる確率がかなり高いです。

 ただ貰うためには、金色の紙の小さな名刺のようなカードが必要です。レジの片隅に置いてあるので、欲しかったら指さしてもらうことをお勧めします。

 ちなみに以前は何も言わなくても、買い物をするときくれたのですが、最近は私の雰囲気を見て長期滞在者と勘違いするのか、くれない店が多いです。単に採算の問題だけかもしれませんが、よく分かりません。

 引き換えできるバッグですが、かなりカラフルで女性向。強度もそこそこあり、利用価値は高そうですが、日本のスーパーで実際に使っているのを見たことはありません。不思議です。

 もしかしたらショッピングバッグはすでに持っているので、マグカップと交換する人が多いのかもしれません。(我が家はそういったマグカップが10個ぐらいたまっています)

 その他、当然ですが雑貨を売っているような店では、必ずこのショッピングバッグが売られています。ワイキキ周辺では、上記の店のほか、フードパントリー、ドンキホーテ、ウォルマート、ヒロハッティあたりでしょうか。

 他にハワイアン雑貨を売っているような店でも、ちょっと高いですが洒落たものを売っている場合があります。1個1個の値段はそれほど高くなく、軽いし、折りたためますので、ばら撒き土産には向いていると思います。 
 


トップページヘ 土産について ハワイアン生地