アップグレードのための必要資金

 特典航空券を1人分獲得するために、通常の搭乗でマイルを稼いでいくと、いくらぐらいお金が必要かと言うことを考えました。

 次にエコノミー席のチケットを買って、そのチケットをマイレージででアップグレードさせる場合、コストがどうなるかを比較してみたいと思います。

 ここでも話をなるべく単純化するために、アップグレードはエコノミーからビジネスへの移行という事に限定します。

 というわけで、先ずは3月のチケット料金を参考にして、1マイルあたりの必要金額の表を再度掲載します

航空会社 チケット
料金(円)
チケット
クラス
換算率
(%)
獲得
マイル
1マイルあたり
必要金額
ANA 90680 エコ割5? 50 3831 23.7
JAL 91220 ダイナミックセイバー5 50 3831 23.8
デルタ 106620 エコノミーT、H 100 7662 13.9
チャイナ 118220 エコノミーN 80 6129 19.3
ハワイアン 116180 エコノミー 100 7700 15.1
コレアン 93820 エコノミーバリューK 100 7662 12.2

 次に各航空会社のアップグレードに関する基準マイル数を一覧表にして、上記の1マイルあたり必要金額をかけ算します。これが獲得コストです。なお数字は片道です。

航空会社 基準マイル 獲得コスト
ANA 20000 474000
JAL 20000 476000
デルタ 25000 347500
チャイナ 30000 579000
ハワイアン 45000 679500
コレアン 40000 488000

 
 特典航空券でなくアップグレードのコストパフォーマンスを考えると、デルタが一番。次が日系とコレアンが並んでいます。そして一番コストが大きいのはハワイアンという結果になりました。

 なお、実はアップグレードのコストパフォーマンスをを考えるためには、もう一つ考慮すべき事があります。それはベースとなるエコノミーのチケットを買わなくてはいけないということで、この料金もコストとして考えないといけません。

 そこで仮にですが、3月に旅行を繰り返し、マイレージを貯め込んで、そのマイレージで春や夏にエコノミー席を購入し、それをアップグレードさせるとコストはどうなるかということを考えてみます。

航空会社 3月のチケット
料金(円)
3月のチケット料金
+獲得コスト
7月のチケット
料金(円)
7月のチケット料金
+獲得コスト
ANA 90680 564680 129220 603220
JAL 91220 567220 134220 610220
デルタ 106620 453720 182120 529620
チャイナ 118220 697220
ハワイアン 116180 795680 149180 828680
コレアン 93820 581820 138820 626820


 こうやって並べてみると、アップグレードのコストはデルタが一番良く、ハワイアンは最下位という結果です。チャイナについてはまだ料金が発表されていませんが、日系よりは安い運賃になると思われます。

 しかし仮にそれを10万としても、合計679000円ですから、やはりコストパフォ−マンスはハワイアンと同等というレベルです。

 以上から、特典航空券狙いならコレアン、ハワイアン、日系の順で、アップグレード狙いならデルタ、日系、コレアンという順番になりそうです。

 ただし実は詳細に調べていないことが一つあります。それは上に掲げたエコノミーのチケットが、アップグレードの対象になっているかどうかは不明だということです。

 具体的に言えば、ANAで7月に129220円のチケットを購入して、それをアップグレードしようとしても、それがアップグレード対象になっているかどうかを確認しないといけないということで、今回はそこまで調べていません。


表紙に戻る マイレージ