ANAのマイレージ制度の基本

 とりあえず日本を代表する航空会社の一つであるANAから調べてみることにしました。ちなみにJALよりも優先した理由は、私自身がマイレージを貯めていることと、JALは貯めにくいという印象を持つようになったからです。
 
1.区間換算率

 先ずは区間マイルとチケットによる換算率です。なお基本的には各航空会社のホームページを見てまとめているだけですから、もしかしたらあまり参考にならないかもしれません。

 ただ各航空会社を並列に並べることによって比較できるメリットはあるかなと思っています。ちなみにハワイまでの往復は7662マイルで計算しています。また2013年11月現在の一番新しい基準でまとめました

搭乗クラス 予約クラス 換算率% ハワイ往復 備考
ファースト F、A 150 11493 ハワイ便にファーストクラスはないかも
ビジネス 150 11493 ビジネスクラスの普通運賃
C、D、Z、P 125 9577 ビジネスの割引運賃
エコノミー Y、E 100 7662 エコノミーの普通運賃、エコ割プレミアム
B、M 100 7662 エコ割スタンダード
U、H、Q 70 5363 エコ割3.5.7
V、W、S、T 50 3831 スーパーエコ割
L、K、T 30 2298 エコ割50


 2013年3月31日までの搭乗に対する規定と比較すると、上位のチケットの換算率を上げて、下位の換算率を50から30%に下げています

 ある意味ここでも顧客格差を拡大させる意図が透けて見えるわけですが、お金持ちは上級クラスに乗ることも多いですから、マイルはたまりやすく、庶民はたまりにくいということになります。

 つまり、我々が一般にハワイ便のチケットを一番安い料金で購入すると、「エコ割3.5.7」のチケットになる事が多いと思いますので、換算率は70%ということです。

 なお、ANAは「スターアライアンス」という航空グループに加盟していますので、全世界33の航空会社のマイレージをANAのマイルに加算することも可能です。ハワイ便では「ユナイテッド」や「ハワイアン航空」が加盟しています。


2.特典航空券獲得基準マイル

 一方特典航空券獲得の基準マイルですが、ハワイ便の場合2014年度は搭乗日によって必要なマイルが変わります。また搭乗日が二つの期間をまたがる場合は、多い方になるそうですから、日程調整は慎重を要します。

シーズン ローシーズン レギュラーシーズン ハイシーズン 使用不可
期間 4/1〜4/24
5/8〜5/31
1/6〜3/31
6/1〜7/31
8/18〜12/19
1/1〜1/5
4/25〜5/7
8/1〜8/17
12/20〜12/31
日本発
4/26
12/27
12/28

ハワイ発
1/3
1/4
必要マイル 35000 40000 45000


 我が家の今年(2014)の場合は今のところ8/5出発、8/19現地発を考えていますので、ハイシーズンになり、45000マイルないと特典航空券を獲得できる資格がないということになります。

 ちなみに、ローシーズンとハイシーズンの違いは、要するに閑散期と繁忙期の違いで、当然閑散期は少ないマイルになりますが、実際のチケットも安くなっているわけです。


表紙に戻る マイレージ ANAのまとめ