マノア・フォール

マノアフォールハイキング道路入り口
ハイキング道路の入り口
ハイキング道路途中の道ばたで見かけた野鳥
道ばたで見かけた野鳥
マノアフォールのハイキング道路
道は徐々に狭くなり・・・
マノアフォール
マノアフォール


 金網のフェンスの間を抜けます。

 最初は右側が川になっていて、すぐそばにやたらでかい巨木が現れます。

 仰ぎ見ながら進むと左側に簡易トイレ。この先にはないので、ちょっと汚れていますが迷わず利用。

 そこを過ぎると道は徐々に狭くなります。しかしまだ平坦です。

 やがて谷にかかる小さな橋があらわれ、それを渡ると本格的な泥道の登山道になってきます。

 道幅も最初は数mありますが、やがて人がすれ違うのにも気を遣わなければならない狭さになります。

 緩い上り坂が続き、初めは周囲に咲き乱れていた花が、徐々にシダのような植物に変化し、間から大きなトカゲでもあらわれてきそうな雰囲気になります。

 所々で写真を撮影していると、湿気が多いせいか、立ち止まると蚊がどこからともなくすぐに寄ってきます

 右側を流れるせせらぎの音を聞きながら進んでいくと、道は段々険しくなり、ダイヤモンドヘッドの急な階段前の斜面と同じような雰囲気になります。

 「こりゃ、結構大変だなあ」と思い始めてしばらく立ち、「まいったなあ」と思いつつ、比較的大きな山の斜面を回り込むと、上の方に滝が見えてきます。

 「お〜、あれがそうか」と目標が見え、足取りが速くなります。そしてついに滝に到着。

 想像していたよりず〜っと落差が大きい。水量はさほどないので、滝壺もそれほど大きくありません。

 しかし高さがあるので結構深いんだろうなあと思えます。

 滝をじっくり見ることが出来る場所は、15人ぐらいのスペースしかありません。

 しばし休憩後再び同じ道を戻ります。さらに山に登っていく道もありましたが、そこまでする人は少ないようです。

 行きよりも帰りの方がぬかるんだ道を進むのが大変です。ズルッと滑って尻餅でもついたら、いっぺんで泥だらけになるので注意が必要です。

 往復で1時間前後だと思います。


ハワイの表紙に戻る ウォーキング・ハイキング