マカプウトレイル、ペレの椅子への行き方

 すでに旅行記の方で概要をまとめていますので、そちらの文章を参考にしながら、マカプウハイキングの概要と注意事項についてまとめておきたいと思います。

 なおオプショナルツアーについても事前に調べました。トレイル入り口まで送ってもらえ大変便利で、しかもエコツアーの場合は、周辺の動植物や地勢についての説明もあるようですから、興味関心がある人は利用価値が大きいと思います。

 ただツアーの場合、山道と言うほどでもないですが、全員と同じペースの上らなくてはいけないのかなと思いますし、岬先端に行くものとペレの椅子に行くものがありますが、両方行くツアーは、調べた範囲ではありませんでした。

 また料金的にも高額(50〜100ドルぐらい)なものが多く、私の場合はバスの往復運賃5ドルで済んでいますので「ちょっとなあ」という感想を持っています。。

 というわけで必需品ですが、帽子、水、デジカメ辺りが必須。タオル、弁当、双眼鏡等は必要に応じて。雨模様の日は雨具も。足下はスニーカー程度で充分です。

 次に場所ですが、地図は以下の通りです。私がこのトレイルの存在を知ったのは、スカパーのアロハ天国という番組で、サムとアンジェラがここを上るシーンがあったためです。

 ただ場所は良く分かっていませんでした。2012年夏に、是非ここに行こうと思っていたので、「ハワイ・ドライブマップ」の地図やグーグルの地図をいろいろ見ている内に、ようやくそれがシーライフパーク手前の岬であることが分かりました。


大きな地図で見る

 レンタカーやバスでハナウマ湾を過ぎ、さらにボディボードで有名なサンディ・ビーチパークを過ぎると、やがて道は上り坂になります。この坂の頂上と思われる部分の右側にマカプウトレイルへの分岐があります。結構大きな分岐なので間違えようがありません。右の方を見ていると駐車場も見えます。

 レンタカーの場合は、迷わずこの分岐を右折。道なりに進めば、左側に30台ぐらいの駐車場があります。溢れた車は路肩に停めていました。

 バスの場合は、この辺りに停留所はなく、そのまま坂を下りてシーライフパークまで行ってしまいます。終点なので降りる場所を気にしなくて良いというメリットもあります。

 一つ手前の停留所はどうかとも思ったのですが、場所は「ハワイカイゴルフコース」になるみたいです。距離的にはシーライフパークからの方がわずかに近いような気がします。

 ただしペレの椅子だけなら、もしかすると人が一人通り抜けることが出来るぐらいの近道があるかもしれません。個人的にはシーライフパークからの道の方が景色がよいので、歩くのには向いているような気がしました。シーライフパーク入り口

 さてバスはシーライフパークの入り口でバスは左折。100mぐらい進んだところが停留所です。ここから先ほどの分岐まで約1kmほど戻ることになります。

 バスを降りたら、いったん分岐まで戻りますが、その途中右側に可愛らしい結婚式場があります。またバス通りに出たところにトイレがあるので、ここで用を足します。この先にトイレはありません。

 右の写真はバス通りからシーライフパーク入り口を見たところです。背中側がビーチで、すぐ近くにトイレがあります。

 そこから緩い上り坂を歩いていくのですが、左側のビーチやマカプウ岬の景色が素晴らしいので、それほど苦になりません。ちなみにワイキキに戻る終バスは5時過ぎぐらいなので注意が必要です。


ハワイ旅行の表紙に戻る ウォーキング・ハイキング ハイキング道路へ