ラニカイ・トレイル 頂上展望台から

 ようやくの思いで頂上に到着。上ってきた道を振り返ると、カイルアから米軍基地のある半島方面が良く見えます。

ナカプウトレイル 頂上の展望台付近から

 地図で見ると、片道1kmぐらいに見えます。標高差は200mぐらい。ダイヤモンドヘッドよりも低いので、要するにダイヤモンドヘッドの本格的な登り口から頂上までぐらいの感覚だと思います。

 上の写真の反対側は、以下のようなマカプウ方面の景色となります。ただ写真を見れもらえば分かるように、なんとなく見通し距離が悪いです。

 徐々にハワイの空気も汚れてきたのではと不安になります。単に湿気が多いとか、3月という季節的要因もあるのかもしれませんが、もっとクリアな景色が以前は多かったように思います。

 なお写真ではほとんど見えませんが、マカプウの灯台もなんとか確認することが出来ました。

 またトレイルそのものは、まだ先があり、そのまま進んでいくことも出来ます。本格的なハイキングの装備で歩いている欧米人は、その先に向かうようです。

マカプウトレイル 頂上の展望台からマカプウ方面

 さらに正面に綺麗な形の山が見えますが、その頂上に至る道も見えています。ここもなかなか良さそう。

 ラニカイタウンの一番奥まで行くとこの道を探すことが出来るのかもしれません。というわけで私はここから引き返し、そのままラニカイビーチまで歩いていきました。


ハワイ旅行の表紙に戻る ウォーキング・ハイキング