ココ・クレーター ハイキング(その1)

ココクレーター 登山道へ
野球場のフェンスの裏の道
中央の茶色い踏み分け道を上がると
下の写真の道路に出る
ココクレーター登山道へ
左手前から上がってきて
二人のお姉さんの10mぐらい先を
右折すると登山道になる
ココクレーター 登山道の階段
ここが枕木階段の始まり
一直線に頂上まで続く
ココクレーター 登山道のレール
レールも残っている
普通の枕木なので歩きにくい

 2008年の旅行記からの抜粋ですが、ココ・クレーター・ハイキングの様子をまとめます。

 持って行くものはカメラ、双眼鏡、水(絶対必要)、タオル、帽子等を持っていきましょう。

 ルートは、カハラからH1に乗り、そのまま真っ直ぐハワイカイ方面に向かいます。
 
 やがてココ・マリーナ・ショッピングセンターが左手に現れるので、その先を左折。

 ルナリロ通りに入るので、そのまま300mほど進みアナパラウ通り方面に右折。

 瀟洒な明るい住宅街を抜けていくと「ココ・クレーター・パーク」と書かれた案内板があり、ここをそのまま直進していくと公園と運動場と駐車場がいくつか現れます。

 登山口に行くためには一番奥の駐車場が良いのですが、その100mほど手前にトイレがあるので、ここは利用しておきましょう。

 駐車場の一番奥に車を停めると正面にココ・クレーターが見えます。

 駐車場からも階段が見え、数名の人が行き来しています。ダイヤモンドヘッドのように人が連なることはまったくありません。

 左側には野球場があるので、この野球場を回り込む形でクレーターのほうに歩いていきます。

 ちょっとした土手がありますが、人の踏み分け道が付いているので、この道に沿って斜面を登ります。

 すると幅6mぐらいの道路に出るので、ここを左側に20mほど進みます。

 するとまたしても踏み分け道が現れます。ここが登山道の始まりのようです。

 藪の中を50mほど進むと、突如レールが現れます。見上げれば遥かかなたまでレールが続いているのが分かります。

 しかも途中からレールは急勾配で登っています。「おいおい、これを登るのかよ」と思いつつも、まだ「まあゆっくり行けばなんとかなるさ」と思ってください。

 実際の登りですが、階段がレールの枕木であるため、通常の階段とはその幅や長さが違います

 つまり人が歩く(登る)歩幅に合わせて作られていないということです。最初はひたすら黙々と、ゆっくり登っていきます。



上り始めると


ウォーキング・ハイキング


ハワイ旅行の表紙に戻る