レンタカー運転の失敗等

 レンタカーの運転で失敗した、と言う人は多いのではないでしょうか。その多くは運転中に起きますが、大きな事故に至らなければ笑い話で終わります。しかしそうでない場合は・・・。

 私の場合は幸いにして大きなミスや失敗談はありませんので、あまり参考にならないかもしれませんが、いくつか記憶にある範囲でまとめておきたいと思います。

@ ワイパーと方向指示器の間違い

 誰でも一度はやると思います。曲がろうと思ってウインカーのつもりでレバーを上下させると、いきなりワイパーが動き出すと言うものですね。初めての時はびっくりして、思わずブレーキを踏みそうになりました。

 それ以後学習しましたが、やはり間違えます。「またやっちゃった」で済んでますからいいのですが。しかし乾いたフロントガラス上をワイパーがきゅーっと動いていきますから、ゴムの負担は大きいだろうなと思っています。


A 急ブレーキ

 オアフ島東海岸のシーサイドコースは見晴らしが良いのでついスピードが出てしまいます。マカプウからシーライフパークに至る道は、特に下り坂で右側に素晴らしいビーチが拡がるので、そのまま高速で降りていきます。

 しかしシーライフパーク入り口は、坂のちょうど下あたりに位置するので、ここで曲がるためには手前でかなり減速する必要があります。

 いつだったかひたすらドライブを楽しみ、シーライフパークに行こうとしてマカプウから降りていくとき、スピードが出すぎていて思わず急ブレーキ。

 私の方はそれで良かったのですが、どうやら後ろに良い気持ちで走っていた車がもう1台いたようで、更にものすごい音のブレーキ音。そして「このやろう!」と言わんばかりのクラクションを鳴らされました。

 車間を詰める方が悪いのですが、まあ急ブレーキをかけた私にも非があります。一歩間違えれば大きな事故でした。


B 一方通行

 マウイ島でラハイナの市街で駐車場を探していたとき、知らないうちに一方通行を逆送。正面から車が来るので不思議だなと思っていたら、その運転手さんが、ここは一方通行だというジェスチャーをしてくれ、びっくり。

 近くの路地に入って方向転換。幸いにお巡りさんのご厄介にはなりませんでしたが、標識は見ないといけません。


C オープンカー

 オープンカーで格好良くシーサイドドライブをしよう、というのは誰もが考えることですが、車種によっては座席の仕様が外人バージョンになっているようで、足を投げ出して座ってもペダルに足が届きにくかったりします。また座席をどう前後に動かしても、フェンダーミラーの角度がどうしても合わないと言うことがありました。

 この時は足の短さを痛感しました。

 もう一つ。オープンカーで雨が降ってくると悲惨ですね。特に停まる場所のないハイウエーだとどうにもなりません。ひたすら雨の中を走るしかないわけで、これはオープンカーの最大の欠点かなと思います。(電動のものもあるようですが、運転中の操作は危険です)


D 左折

 右側通行で左折をするとき、慣れないので対向車にはかなり気を使います。信号が出ればいいのですが、そうでないときは自分の判断で曲がらざるを得ません。

 そんなとき、ようやく曲がってほっとした瞬間に、自分が左側通行のレーンに入ろうとしていたことが2回ほどありました。やはり右ハンドル、左側通行の癖には注意しないといけません。


表紙に戻る ハワイ雑感と失敗談に戻る レンタカー失敗談(2)