ワイキキ近辺でウオーキング

朝早くカラカウア通りを散歩していると、実にたくさんの人がジョギングをしているのを見かけます
私も仲間に入りたいと思うときもありますが、もともと体力がないので走るのは無理
ただ歩くのは嫌いではないので、家にいても時間があると朝の散歩をしています

1 ワイキキビーチ

 東に行くか西に行くかという問題がありますが、東側はカピオラニ公園前の防波堤。西はハレクラニ前の遊歩道まで。

 この間が約2km弱。我が家の定宿のワイキキ・バニヤンからビーチに出て、気が赴くままに西のハレクラニ方面に行ったり、東のカピオラニ公園方面に行ったり。

 往復するとちょうどよい散歩コースになり、帰りがけにABCでコーヒーでも買って帰れば、これで朝の儀式は終了です。


2 アラモアナビーチパーク

 東端のアラモアナセンターの角の入口から入って、そのまま海沿いに歩いていくとマジックアイランドの先端に行きつきますが、途中トレーニングコースがあります。

 マジックアイランドを一周して、今度は白砂の美しいアラモアナビーチの砂浜沿いにある遊歩道を歩き、西端のワードエリア(ケワロ湾)までで片道約2km。

 往復しても良いですし、途中でめげたらアラモアナ通りからバスに乗って帰ればいいだけです。もちろんアラモアナセンターやワードエリアで休憩というのもアリです。


3 カピオラニ公園

 ワイキキホテル群東端の堤防からワイキキ水族館を経てニューオータニカイマナビーチホテルあたりまで。往復2kmぐらいでしょうか。

 途中の景色が良いのでお勧めですが、昼間なら休憩がてらワイキキ水族館に立ち寄るのも良いかも。


4 ヒルトンハワイアンビレッジ

 潜水艦の桟橋から右回りまたは左回りでヒルトンを1周するコース。のんびりぐるっと回って1〜1.5kmぐらいでしょうか。人が多いのがちょっと気になります。


5 マノアフォール

 ダイヤモンドヘッド同様にハイキングとなります。バス停から往復で3kmぐらいでしょうか。途中の花々も美しく、距離は短いのに植生が変わっていくのがよく分かります。

 道の最後の方で少しぬかるみがありますが、後はハイキングよりもウォーキング感覚で歩けます。マノアフォールは水量が少ないのですが、そこそこ高さがあるので癒されます。ちょっと蚊が多いので、それなりの準備を。


6 カカアコ

 ワードエリアの西端からちょっと西に進んでから海の方に向かうとカカアコの再開発地区になります。

 最近(2013年)ここに新しく結婚式場とレストランが出来ました。その先には大きな石積みの岸壁が拡がり、沖でサーフィンを楽しんでいる人が見えます。

 海沿いに歩いて往復で2kmぐらいです。途中の小高い丘の上の景色の良いところに「えひめ丸」の慰霊碑があります。


7 アラワイ運河

 こちらは観光客が少なく、地元の人がのんびり歩いていたり、ペットと一緒に朝の散歩を楽しんだりしています。

 東側から西の方を見ると、朝方は光の加減で加減でアラワイ運河も美しく見え、青空とのコントラストが素晴らしいです。ワイキキ図書館からマッカリー通りまで片道約2km。アラワイ通りを走る車が気になりますが、ゆったり歩けます。


8 ダイヤモンドヘッドロード

 カピオラニ公園からビーチ沿いにダイヤモンドヘッドを周遊するコースです。途中日本のガイドブックでは全く紹介されない小さくて美しいビーチパークがいくつもあります。

 ただし本当に一周するには結構距離があります。疲れたらダイヤモンドヘッド登山道入り口あたりのバス停でバスに乗って帰ってくるという方法が良さそうです。


9 カパフル探索

 ワイキキの東側にあるカパフル通りには、個性的なレストランがあるので有名です。2013年の旅行では、この辺りを何回か歩き回りました。

 私が歩いたコースは、最近ルートが変更になった13番バスでカイムキにある「カフェカイラ」近辺まで行き、そこからカパフルを通ってワイキキに向かうというものです。

 わいききまですべて歩いて戻っても2kmぐらい。途中あちこちに面白い店がありますので、ゆっくり見て回ると半日から1日かかると思います。


10 チャイナタウン、イオラニ宮殿 

 チャイナタウンの中をくまなく歩きます。ハワイ出雲大社やフォスター植物園を組み合わせるのも面白いです。またチャイナタウンからイオラニ宮殿方面まで歩くという方法もあります。

 


ベスト10の表紙に戻る


ハワイの表紙に戻る