ワイメア・ビーチパーク



大きな地図で見る

 ビーチ紹介の続きですが、サンセットビーチからハレイワに至る道はシーサイドドライブが楽しめる素晴らしい道です。昨日からの続きで、ププケアビーチから1kmぐらい南下すると、右側に白い美しい砂浜が見えてきます。

 このビーチはものすごくきれいですね。好きなビーチの一つです。名前は「
ワイメア・ビーチパーク」です。夏場は波も穏やかでスイミングやシュノーケルが楽しめます。

 ただし真ん中あたりに川が流れ込んでいる関係で、雨が多いときは川からの土砂で水が濁ります。ビーチの両サイドには岩場があり、ここで多数の魚が生息し、また
海亀の姿もよく見かけるようです。

 一方冬場は高波が押し寄せるビーチで、
サーフコンテストも沖合で行われています。その期間は周辺の道路も大渋滞します。

 このビーチで唯一の難点は、
駐車場が狭いことです。ププケア側から来ると、ビーチ中央の川にかかっている橋を越えた右側に駐車場への入り口があり、過去5回近く行っていますが、まともに車を停められたのは1回だけです。最大収容台数は50台ぐらいでしょうか? 

 例えビーチで遊ぶ必要がなくても、一応駐車場を覗いてみて、空いていたらともかく停車。付近の景色を撮影したり、岩場の方に歩くだけでも気持ちがよいビーチだと思います。

 なおこのワイメア湾に注いでいる川の上流には植物園と滝へのダイビング(現在行われているかどうかは不明です)で有名な「ワイメア・バレー」があります。入場料は大人15ドル。

 ハワイアンの昔の家や遊びについて勉強することも出来ます。ホームページを見てみると、ここで結婚式も出来るみたいですね。滝をバックに写真撮影もなかなか良さそうです。


ハワイ旅行の表紙に戻る 「ビーチ紹介」のページに戻る ラニアケア・ビーチ