ハロナ・ブローホール(潮吹き岩)


大きな地図で見る

 ハワイカイ南側に突き出たココヘッドの断崖絶壁から再び「カラニアナオレハイウェー」に引き返し右折して小高い丘を登ると、右側に降りる道があって、そこからハナウマ湾に行くことが出来ますが、ここは省略。

 ハナウマ入り口を過ぎると、道は再び下り坂になり、その途中右側に展望台が二つあります。ここからは晴れて見通しが良ければラナイ島やモロカイ島が見えます。また冬場は鯨が見えることもあるようです。

 さらに1km程進んだ右側に「ハロナ・ブローホール」と呼ばれる展望台があります。ここは駐車場も広く、レンタカー初心者でも停めやすいと思います。

 ブローホールというのは、間欠泉と言えばいいのでしょうか。波が打ち寄せるとその勢いで、岩場の下に水が入って、その上に空いた小さな穴から海水が噴水のように噴き出します。

 潮の関係もあって、過去に5回ぐらい行っていると思いますが、本当に7〜8mぐらい吹き上がったのを見たのは1回だけです。

 というわけでブローホールそのものはすぐに飽きてしまうのですが、その先の海の景色と右側に見える小さなプライベートビーチのような砂浜が美しいです。またここからもラナイ、モロカイ等の景観が楽しめます。

 右側に見える小さなビーチですが、私が過去に展望台に行ったとき、ほぼ10中8か9ぐらいの割合で、欧米人の家族連れがビーチ遊びを楽しんでいました。 ここで出来るのは、泳ぎはもちろん、シュノーケル、ダイビングなどですが、ちょっと沖に出ると流れが速いので注意が必要です。

 また展望台近辺からこのビーチに行くまでは岩の間を200m程降りていく必要がありそうです。一度は降りていって、下から展望台を見上げてみたいなと思っています。

 なお、ここから見る初日の出は、ほぼ正面に太陽が望めるのではないでしょうか。ご来光ベストスポットの一つだと思います。



マカプウ・ビーチパーク


「ビーチ紹介」のページに戻る


ハワイ旅行の表紙に戻る