ツアー予約と乗船(2015年)

ホエールウォッチング 出航直前のルーフデッキの様子
出航直前のルーフデッキの様子
ホエールウォッチングへ出航
いよいよ出航
ホエールウォッチング
防波堤の外へ
ホェールウォッチング スターオブホノルル号から見たワイキキ
20分ちょっとでワイキキが見えてきます


 VIPツアーですが、フリーペーパーの「カウカウ」に4ページに渡って広告を掲載している会社で、ネットでも検索できます。もちろんこの会社が他のツアー会社と比較して優れているかどうかは不明です。

 ただ比較的安いこととツアーの種類が多いこと、オフイスがあること、ここ10年ぐらいフリーペーパーで広告を見ていること、ネットであらかじめツアーの詳細がある程度分かること等を総合的に判断して決めました。

 旅行記にも書きましたが「牛角」の右横にあるエレベーターで5階へ。エレベーターを降りると目の前がJCBプラザの3分の2ぐらいの広さの小奇麗なハワイっぽいオフイスでした。

 左側にカウンターが並んでいて4〜5名ぐらいのお姉さんが電話対応と、直接来た客への対応をしてくれます。

 ここでお姉さんから、「水面から高い方が見やすいですよ」と言われたので、「スターオブホノルル」を迷わず決定。さらに食事なしの早朝コースを選択

 集合場所はパシフィックビーチホテル前のロータリーで7時40分。ちょっと早いなと思いましたがしょうがないです。ちなみに料金が40ドルぐらい。

 私が予約の手続きをしている間にも日本人が続々あらわれ、いろいろツアーを予約しているようでしたから、そこそこ知れ渡っているのだと思います。電話もしょっちゅう掛かっていました。

 さて当日ですが、集合はパシフィックビーチホテルのロータリーにある「アロハセンター・カフェ」の隣ということでした。

 7時25分ごろ到着すると、すでに様々なツアー待ちと思われる人が20人ぐらい、あちこちに散らばっていて、そこへ次から次へとシャトルが到着します。これを見て自分だけ取り残されると焦ります。

 そもそも送迎は大型のツアーバスが使われるというような話も聞いていましたが、あのロータリーにツアーバスが入れるのかなあという疑問も感じつつ待ちました。

 しかし待てど暮らせどバスが来ない。約束時間を過ぎる頃になり、こりゃ問い合わせないと駄目かなと思った頃、プラカードを持った運転手さんが現れ、私が持っていた白い紙を見て、ツアー客だと確認できたようで、「こっちへ」と言います。

 VIPツアーのお姉さんは、ロータリーにバスが来るようなことを行っていましたが、実際にはロータリーに大型バスは入れず、ハイアットリージェンシー裏の道に停車し、運転手さんがツアー客を探し回る形式のようです。

 これはちょっと説明不足で減点要因です。

 バスに乗り込むとすでに7割以上の乗車率で、その後やはり私同様待ち合わせ場所をはっきり聞いていなかったと思われる乗客が数名乗り込み、ようやく出発。

 船に乗る場所はアロハタワーの桟橋です。20分ほどで到着。かつての「フーターズ」の横の岸壁に「スターオブホノルル号」が停泊し、それに乗り込みますが、あらかじめ渡されていたステッカーによって、食事つきが下層デッキ、食事なしの客が上層デッキ振り分けられていたようです。

 ちなみに後で分かったことですが、食事つきのお客さんの大多数はHISのオプショナルツアー参加者のようでした。

 デッキでの座席は適当。ここで若干の説明。但し英語。内容は船長さんやクルーの挨拶やトイレの場所、鯨が見えた場合の方向の示し方等。しかし鯨が見えれば乗客が一斉に動くので、英語が分からなくても鯨がいればすぐ見つけられます。

 説明終了後すぐにルーフデッキの一番高い場所に移動しました。ちなみに帽子があったほうが良いですね。但し風が強いときは飛ばされないように注意が必要です。


ハワイ旅行の表紙に戻る 「何をしよう」(海関連) 鯨発見