潜水艦ツアー

潜水艦ツアー(1994年、その後もう1回)

潜水艦ツアー ワイキキ沖で潜水艦へ
潜水艦から見た飛行機の残骸
潜水艦から見た魚たち

 ヒルトンハワイアンビレッジの近くの桟橋から、小さなランチに乗って沖合に出ます。しばらくすると近くに潜水艦が現れ、これに乗り込み海底に向かいます。

 乗り込むときは、垂直のマンホールのような穴を降ります。この穴のためかどうか知りませんが、身長制限がありますので子連れは注意です。

 中は座席が外向きになっていて、目の前に丸い窓がついています。

 陽気なアナウンスとともに潜航すると、やがて海底が見えてきて魚礁まわりの魚を見ることが出来ます。

 但し初めに想像していたよりも魚の数や種類が少なく、ちょっとがっかりしました。そのせいかどうか、ダイバーの餌付けショーを見ることが出来ます。

 非常におもしろいアクテイビテイだと思いますが、閉所恐怖気味の人は敬遠した方がいいかもしれません。

 また、これに限らずツアーと名うって、ワイキキからの送迎付きを宣伝していますが、別にツアーでなくても現地でチケットが購入できますし(この部分に付いては2004年の段階で確認できていません。ツアーのみになっているかもしれません)、歩いてワイキキまで戻れます。

 我々はヒルトンハワイアンビレッジまでバスで行き、そこからビーチに出てチケットを購入しました。

 帰りは浜づたいにのんびりワイキキのビーチまで歩いて帰ってきました。

 ツアーの場合は送迎バス等を使って便利といえば便利ですが、あちこちのホテルをまわったりして、以外に時間のロスがあり、しかも料金も結構高いようです。(最近利用しない理由はこの料金にあります

 風が吹いていて海が波立っているときは、ランチから潜水艦へ乗り移るのがちょっと大変かもしれません。小さな子連れの場合は風の日は避けた方がいいと思います。

 最近(2013年)、あまり潜水艦の話題を聞かなくなりましたが、5年ぐらい前の話では、結構魚が見えたという情報を得ています。

 ただし料金的には高いですね。以前は50ドル前後だったと思いますが、今は100ドル前後だと思います。


ハワイ旅行の表紙に戻る 「何をしよう」(海関連)