クアロア牧場(その4)

レストハウスで食べたチキンは不思議な味

クアロア牧場 レストハウス プレートランチ
ユニークな味がしたチキンのプレートランチ
クアロア牧場 レストハウス プレートランチ
おいしかったマヒマヒのプレートランチ
クアロア ビーチパーク
誰もいないクアロアBP
クアロア ビーチパーク チャイナマンズ・ハット
沖合いに見えるチャイナマンズ・ハット


 バス乗車時間は1時間強である。戻ってきたらちょうど昼食時間だ。

 バスから降りて車椅子を返してもらい、レストハウスに向かう。雨は完全にあがっている。

 ちょうど団体さんが食べ終わる頃だったらしく、最初は混んでいたがしばらくすると急に周りが静かになり、テーブルも空席が目立つようになってきた。手近なテーブルに陣取りメニューを物色。

 息子の定番メニュー「テリヤキチキン」と、肉よりも魚が良いと判断し「マヒマヒグリル」を食べることにする。

 これで量が少ない場合は、再度別のメニューを食べればよい。飲み物をつけて全部で18ドル。注文後番号札を持たされてテーブルで待つ。日本のフードコートみたいだ。

 「マヒマヒグリル」はうまかった。しかし「テリヤキチキン」は、ワイキキ近辺の「L&L」や「コリアンBBQ」の味とはまったく違うもので、ハーブの汁かなんかに漬け込んだチキンらしく、臭いが気になった。かなり好き嫌いが出るのではないだろうか。

 食後は広大で人の少ない「クアロアBP」に移動し、休憩。ここは休日以外ほとんど人がいないようだ。

 我が家から50mぐらい離れたテーブルで、地元の老夫婦が食事をしている。半径100mにはその夫婦しかいない。


ハワイ旅行の表紙に戻る 「何をしよう」のページに戻る クアロアのパンフレット