第11日目 ホノルル空港へ

 この日はやはり気持ちが高ぶっていたのか6時に目が覚めました。今日は1日長いぞと思ったので、起きてまずはシャワー。

 洗面用具等を片付け、使った食器をきれいに洗い、出来るだけチェックインの時の状態に部屋を戻します。当然ながらごみはすべて撤去。

 フェアウェイビラの場合は、紙等はダストシュートへ。それ以外のプラスチックやガラス瓶、アルミ缶は、1階の駐車場脇にある大きなゴミ箱に入れるように説明に書かれていましたので、出かけるたびにそれらを処分していました。

 最後のパッキングをして、7時ちょっと前にクヒオビーチまで歩き、ビーチを見学後、朝食の場所の探索へ。

 どこで食べようか悩んだ末、あんまり歩き回るのも嫌だったし、カラカウア通りの「チーズバーガー・イン・パラダイス」へ。

 決め手は、ここの店頭に朝食スペシャル7.99ドルという張り紙?を発見したからです。店頭に表示されている通常のメニューには出ていないような気がします。

 内容はトースト、卵料理、ハッシュドポテト、小さなパイナップルに飲み放題コーヒーが付いたものですが、私にはちょうど良い量でした。周りは欧米人が多いようでしたが、この料理を頼んでいる人も多かったです。

チーズバーガー・イン・パラダイスの朝食特別メニュー

 通常の10ドル以上する料理を食べている人もいましたが、見るからに量が多そうです。ここは一人で利用してる人も見かけたので、今後もこのメニューがあれば、朝食レストランとして結構使えそうです。もう少し早く気が付けばよかったです。

 ちなみにすぐそばにあるエッグスンですが、6時40分ぐらいに見たときは、すでに入口から10mぐらい行列ができていました。びっくりです。

 部屋に戻って最後の点検をして、8時55分に退出。いつも思うことですが、ドアを閉めるときに、もう2度とこの部屋に入れないという不安を感じます。(鍵を部屋に残すので)

 ロバーツシャトルは9時5分の約束でしたが、5分遅れの9時10分位に到着。私が一人目。その後アイランドコロニー、ヒルトンを回って総勢7人ぐらいとなり、最初は一般道のニミッツを通って空港へ。

 同乗者はJALとデルタだったと記憶していますが、私がチャイナで最初にシャトルを降りました。10時ちょっと前に到着。

 離陸時間が12時のためか、チェックインカウンターはすでに長蛇の列でしたが、ゴールドメンバーなのでビジネスクラスのカウンターでチェックインです。この時隣の座席に人はいませんと教えてもらいました。

 ついでに出国審査もゴールドレーンとなり、約5分で通過。助かりました。通常のレーンは二重三重の行列ができていました。

 普通のエコノミーだとチェックインに30分、出国審査(手荷物検査)に20分以上かかったと思われます。つまりチャイナのエコノミーの場合、空港到着後出発ロビーに入るまでに最低1時間程度の時間を見ておかないといけないということです。

 なおすでにブログ等で書きましたが、数日前にベルギーでテロ騒動があったせいか、出国審査のセキュリティチェックはかなり厳しかったです。そのせいもあって行列が出てきたのだと思います。

 帽子はもちろん、上着ダメ。ベルト外す。靴を脱ぐ。ポケット内の細かい金属も不可。財布も出してホールボディカウンターでホールドアップの姿勢でチェック。

 もちろん問題はないのですが、あちこちでチェックを受けている人が多数いました。また帰国後スーツケースを開けましたという紙が入っていたこともブログに書きました。ゴールデンウイークにハワイに行く予定の方は、早めに行動したほうが良さそうです。


トップページヘ
2016年 3月ハワイ旅行記 帰国