第7日目 モカジャバ、ケリーオニール

 おいしいエビそばを堪能出来て大満足となり、今度はバスでワードへ。アラモアナ寄りの停留所を降りて、そのままビーチ方面に行きます。

 このあたりから見るワイキキ方面の景色がお気に入りです。



 いつものハワイらしい風景を撮影出来て満足し、ふたたびワードに戻り、山側にある「クレージーシャツ」のアウトレット店へ。

 ここで結局Tシャツを3枚購入。若干割引があって合計32ドル。1枚11ドルぐらいですから、日本円で1250円ぐらい?

 素材は悪くなく、私の場合、一度買うと5年以上着ているような気がします。タグの定価は1枚30〜40ドルぐらいのものですから、それなりにTシャツとしては高級品なんだと思います。

 歩き回って疲れたので、そこからすぐ近くの、昔からよく休憩場所に使っているモカジャバへ。久しぶりにアイスクリームを食べました。

 1スクープ?と聞かれたので「そうだ」と答えると、今用意するからその辺で待っててと言われ、テーブル上に置く番号札が渡されました。価格が3.65ドルですから400円ぐらいです。

 すぐ近くで本を読みながら待つこと5分。「ハイどうぞ」と言われて渡されたのが、通常のアイスのかたまりが3個分入ったもの。日本人の感覚では3スクープと言う量だと思います。

 数年ぶりにアイスクリームをのんびり食べました。はたから見るとシニアのおじさんが一人でアイスクリームをなめているわけですから、ちょっと笑えます。

 ちなみにすぐそばにある「クアアイナ」は閉店です。「カカアコキッチン」はそこそこ混んでいました。

 のんびりとハワイのアイスクリームを食べ、疲れが取れたなと思ったので、バスで部屋に戻り昼寝です。しかし体が慣れてきたのか、寝ている時間が30分〜1時間弱になってきました。

 ちょっとブログを書いて、6時ごろ再度「ケリー・オニール」へ。前回と同じカウンター席が空いてました。しかし中で働いている従業員さんは、前回は可愛らしいお姉さんだったのに、今回はタトゥをしたお兄ちゃん。

 動きはテキパキしていますが、なんだかおっかなそうです。しかし注文しない事には話にならないので、先ずは前回気に入った「キリアンズ」というビールを注文。

 「うまいなあ」と思いながら飲んでいると、ステージでギターとバイオリンという面白い組み合わせの演奏が始まりました。

 これがなかなかリズミカルで、音もきれい。音楽を聞いたり、ビールを飲んだり、持参した本を読んだりと、ちょっと充実した時間を過ごし、さらに「サムアダムス」という、似たような味のビールを飲んで大満足です。

 ただビールを注いでくれるのが、上記のタトゥ兄ちゃんなので、いまいち潤いが感じられません。飲み終わったところで精算。チップを入れて11ドルおいてきたような気がします。

 この日の夕食は、結局フードパントリーで肉を買って自炊しましたが、肉の種類の選択が難しいですね。柔らかくておいしい肉になかなか巡り合えません。

 ちなみに今回買ったのは1lb(約450g)10.49ドルと書かれた「SHORTRIBS」というものです。買ったのは重さが0.6lbなので270g。これが一番小さいものでした。

 一人者だと肉の種類より、大きさが問題です。やたら大きいものばかりあるので食べきれません。味はプレートランチのステーキ並みにおいしかったです。


トップページヘ
2016年 3月ハワイ旅行記 タマシロマーケット