第4日目 ライアンズグリルで夕食

 ホノルルビアワークス近くのバス停から、再びバスに乗り、今度はワードに戻って最初に「キンケイズ」に行きました。しかし、やはり大混雑。

 しかも入り口近くにいた案内のおねえさんの態度がちょっと偉そう(に感じただけですが)。(もしかすると皆さん予約をしているのかもしれません)

 というわけで、そこからTJマックス方面までひたすら歩いて、久しぶりに「ライアンズ・グリル」へ。こちらも大混雑でしたが、案内のお姉さんはにこやかに状況を説明してくれました。(実は何を説明してくれたのかはほとんどわからなかったのですが)

 唯一、今はハッピーアワーでお得ですよというニュアンスを感じられ、席も少し空いていたので入店。

 ここでブリュームーンというビールを2杯と、前菜というジャンルに含まれていた「スカートステーキ」という料理を注文。しかし前菜とは言いながら19.95ドルもします。

ライアンズグリルのスカートステーキ

 実はスカートステーキと偉そうに書きましたが、どんな部位の肉で、どんな料理なのかは全く把握していませんでした。要はステーキと書かれていたので、おいしいだろうという単純な判断です。

 今改めて調べてみたら、どうやら「ハラミ」部分のステーキのようです。実際には写真のように、ハラミのブロックとタマネギ、マッシュルームとの炒め物に近く、運ばれてきたときは、鉄板の上のタレがジュージュー煮立っていました。

 肉の量は12ozと書かれていましたので、340gぐらい。明らかに食べすぎです。ちょっとたれの味が濃かったのが残念ですが、肉は柔らかくおいしかったです。(写真は少し食べてから撮影)

 周りは欧米人ばかりで、一人で食べているような人は皆無。それでも、ライアンズグリルの従業員さんは、総じて皆さん明るいので、それほど違和感はなかったです。

 奥の方にカウンター席があり、そこには一人で利用している人もいたので、そっちの方が良かったかなとあとで気が付きました。ただ食事には向かいないような気もします。

 というわけで、チップを含めて35ドルを支払って、満足して退店。帰りのバスで待たされましたが、それでも9時ごろには良い気分で部屋に戻ってきました。


トップページヘ
2016年 3月ハワイ旅行記 ルルズワイキキで朝食