第1日目 ロバーツでワイキキへ

 そのまま団体用出口を出て、すぐ右に曲がってUターンするとロバーツシャトルの受付があります。ここは日本語対応ですので面倒がなくてよいです。

 同行者がいるとのことで、ロータリーで5分ほど待っていましたが、同じフェアウェイビラに行くはずのお客さんが遅れているらしく、結局私一人貸し切りで、20人乗りぐらいのシャトルに乗ってワイキキへ。

 後日ワイキキを歩いているときスピーディシャトルを何回か見ましたが、いずれも満席状態で移動していましたので、やはりシャトルはロバーツの方が楽だなと思います。

 シャトルは快調にH1を走りますが、あまりに手際が良かったため、ワイキキには9時前に到着してしまいそうです。当然部屋はクリーニングの最中だと思ったので、「早すぎるのでフードパントリー近くで降りることは出来ないか」と運転手さんにお願いすると「ok」とのことでした。

 (フードパントリー前の道を50mほどアラワイ運河側に歩けば、宿泊先の「フェアウェイビラ」です)

 チップを1ドル渡して、フードパントリー入口右側のカフェへ。ブログにも書きましたが、ここは「コーヒービーン&ティリーフ」だったんですね。店の名前は意識していませんでした。

 それにしても9時前にワイキキに到着したのは初めてのような気がします。周りでは朝食を食べている人も結構います。ここのハムクロワッサンがおいしいんですよね。昨年ロイヤルガーデン近くのコーヒービーンを利用して感じました。

 しかしおなかの方はもう十分と言う感じで、アメリカンコーヒーのスモールを頼みましたが、300mL以上はありそうです。コーヒーを持って、空いている席に座り、パソコンを立ち上げるとすぐに無料のwifiに接続することができました。

 早速到着したというブログを書き、その他メール等のチェックです。その間当たり前ですが、周囲では欧米人が食事をして英語が聞こえています。

 外はもちろん良い天気。風もそこそこ吹いていてさわやかです。あ〜今年もハワイに来たんだなあという実感が沸いてくるときです。

 クヒオ通り側を見ると、旧オハナイーストやミラマーあたりは工事中です。さらにその後確認しましたが、長らくパンケーキの朝食で利用していた「オハナイースト」1階の「ケオニ」が3/15ぐらいに閉店するようです。

 さらにマリオットの半地下にあった「クヒオ・ビオーチグリル」も閉店のようで、ワイキキも入れ替わりが激しくなっています。

 コーヒーを飲み終わりフェアウェイビラへ。歩いて50mぐらいです。途中オハナイーストが工事中でトラックが行き来しています。フードパントリーの駐車場も使いにくそうでした。

 フェアウェイビラの入口は、鍵がないと空きません。しかし鍵は部屋のドアのロックボックスに入っています。というわけで、中にいるセキュリティのおじさんに向かってドアをコツコツ叩いて合図。インターフォンを使うのかもしれませんがよくわかりませんし英語が面倒です。

 ドアを開けてもらって中に入り、「今日から・・・号室に宿泊するんだけど」と伝えると、「行っていいよ」と言われ、エレベーターで21階へ。ノックをするとクリーニング中のおじさんとおばさんが出てきて応対。

 挨拶をしてスーツケースを置かせてもらい、カギを1個受け取り、「いつ頃部屋で休める?」と聞くと2時ごろと言う返事でした。そこで「じゃあランチに行ってきます」と伝えて、再び1階に降りてセキュリティのおじさんに「オールOK、サンキュー」と伝え外へ。

 身軽になって向かったのがロイヤルハワインのフードコート。まあどこでも良かったのですが、レストランは高いだろうし、弁当を買っても食べる場所に苦労しそうだと思ったからです。

 クヒオ通りを横断し、閉店予定と言うケオニの張り紙を見て、カイウラニホテル前を通過し、エスカレーターでフードコートへ。昼には少し早い時間帯だったので、まだ座席に余裕がありました。

 私は買いませんでしたが、日本資本の新しいチーズケーキのお店ができていて、結構人気があるようでした。しかしざっと一回りメニューではなく値段を見て回りましたが、プレートランチと言っても、安くて9ドルぐらいから。税金を入れて日本円換算すると1100円から1200円と言うところでしょうか。高いです。

 結局「えぞ菊」の醤油ラーメンを選択。(それだって10ドル弱ですから、1100円ぐらいです)なぜかハワイに来るとしょっぱいものが食べたくなります。(量は結構あります)

えぞ菊の「しょうゆラーメン」


トップページヘ
2016年 3月ハワイ旅行記 バスパス購入