第10日目 パンケーキで朝食

ロイヤルガーデン近くのアラワイ運河
ロイヤルガーデン近くのアラワイ運河
ヴィッツハワイアンステーキのパンケーキ
ヴィッツハワイアンステーキハウスの
パンケーキ
ヴィッツハワイアンステーキのスクランブルエッグ
スクランブルエッグ


 遂に夏のハワイ一人旅も最終日。この日もまずまずの天気でしたが、例年より気温が数℃高いように感じられます。湿度も高いです。夜はほぼ毎晩エアコンのお世話になりました。

 6時半に起きてグアバネクターを一杯飲んで、先ずはアラワイ運河方面を散歩。しかしワイキキのこのあたりから見るアラワイ運河の景色は、バニヤン方面の景色より変化が乏しいような気がしました。

 歩きながら朝食場所を考え、いつもの「コーヒービーン」かと思いましたが、今日が最終日ですから、「一度ぐらいパンケーキを食べようか」という気持ちもありました。

 しかしそのためだけにわざわざいつもの「ケオニ」までバスで行くのも面倒です。

 というわけで昨晩も利用した「ヴィッツハワイアンステーキ」へ。表に掲示されているメニューの中に、ショートスタックという2枚重ねのパンケーキ4.25ドルというのを見つけました。

 これに、追加でタマゴ2個のスクランブル。これが2.5ドル。さらにコーヒーを付けて、チップ込み11.5ドルと豪勢な朝食です。

 結果的にタマゴは余計でしたが、それだと本当にパンケーキだけの朝食になってしまい、味の変化が乏しいです。それでも最後にパンケーキを食べたという満足感には浸れました。

 部屋に戻る途中のエレベーターで、ちょっと足の悪いおじいさんと一緒になり、「何階ですか?」なんて聞いてボタンを押してあげて、ついでにちょっとやり取り。

 どこから来たのかと言う話しになったので、日本と答えて、あなたは?と聞くと「ここに住んでいる」とのことで、羨ましい限りでした。

 つまりロイヤルガーデンは、ウインダムが運営している部屋が多いものの、実際には居住している人も結構いるということで、さらにその一部がバケーションレンタルの形になっているということです。

 部屋でブログを更新し、ゴミを捨て(ブログにも書きましたが、ABC等でもらった紙袋を使って、こまめに捨てていました)、食器を洗い、タオル等をきちんとかけて、最後にメモ帳があったので、「素晴らしい部屋で、ハワイアン生活をエンジョイできました」と一言書いて退出。
 
 その後メールを見たら「メッセージありがとう。日本人も歓迎ですから、是非また予約してください」と返事がありました。丁寧なオーナーです。

 10時45分に部屋を出て(約束は10時55分)通りで待っていると、10時58分頃にロバーツシャトルが到着。15人乗りぐらいのシャトルに同乗者は6名ぐらい。余裕です。日本人が多いように感じました。

 シャトルはいったんクヒオ通りに出てから、ぐるっと回って再びアラワイ通りにはいりマッカリー方面へ。

 そこからH1に乗りましたが、この時間帯は車は多いものの流れはスムース。30分弱でホノルル空港到着。早いです。


トップページヘ
2015年 8月ハワイ旅行記 セキュリティチェック