第1日目 ロイヤルガーデン到着

 7時40分にゲート集合ですが、ラウンジを出たホールのようなところから、すでに飛行機が見えていました。近いです。

 移動途中で焼酎の値段をチェックしましたが、結構値段も高く、そんなものをわざわざ買って持ち歩くのも面倒だと思い断念。

 集合場所に行くとすでに大勢の人が集まっていましたが離陸20分前になっても搭乗が始まりません。まあいつものことです。

 やがて搭乗開始。私の席はエコノミーの前から2番目なので、最後の方に乗り込みました。

 該当座席に行ってみると、隣は20歳ぐらいのキュートなお姉さんで、ちょっとワクワク。少しだけ英語で会話をしましたが、メインランドから日本には研修で来て、帰りにハワイで1週間のバカンスということでした。

 8時10分が定刻ですが、結局動き出したのは8時半。そこからさらに空港内を走り回って50分ごろにようやく離陸。

 ビールを1本飲んで、機内食はチキンを選択しましたが、ちょっと甘い味付けで私の口には合いませんでした。

 映画を見てウトウトしていたら、あっという間に朝食の時間。こちらは手巻き寿司。さっぱりしていて、これは良かったです。

 隣のお姉さんが、ビニールのはがし方に苦労していました。日本のおにぎりや手巻き寿司のビニールは、利便性と清潔さを考慮した独特の包装だと思いますが、外人さんは苦労するようです。

 ホノルル空港には、ハワイ時間8時50分に着陸。15分遅れです。飛行機を出たらウィッキーウィッキーバスに乗るよう指示され、座席が前の方だったので、無事1台目に乗車。

 9時にイミグレ到着。かなり混雑。いつも左奥の方が空いているので、そちらに移動。20分ほど列に並びました。その間あとからあとから人が来て、さらに列が延びましたので、やはり1台目のウィキウィキバス乗車が正解でした。

 今回は珍しく、いろいろ質問されました。パスポートにバンコクのスタンプが多数押されていたので、若干怪しまれたのかもしれません。それとも一人旅だからでしょうか。

 聞かれたのは、旅行目的、滞在日数、食べ物の持ちこみの有無、ホテルの名前等です。しかしやましいことはまったくないので、落ち着いて答えて問題なし。

 税関も無申告で抜けて、9時半ごろ左折し団体出口へ。空港の外に出て右側にある「ロバーツ」の受付へ。ここで名前を申し出て予約の確認。このあたりは日本語の対応です。

 乗車場所に案内され10分ちょっと待って、9時45分シャトルに乗車。一緒に乗ったのがアジア系の若い女性が一人。ホテルも同じでした。二人だけの送迎です。

 シャトルはH1ではなく、一般道を突っ走り10時10分「ロイヤルガーデン」に到着。フロントは通さずにすぐに部屋に行ってよいと言われていましたので、迷わず17階へ。(実際には13階がないので、16階です)
ロイヤルガーデン 暗証番号式のドアのキー
 ドアには暗証番号で開くキーが取り付けられています。これだと鍵を持ち歩かなくて済むので助かります。メールで教えられている番号を入力して室内へ。やれやれです。

 ウインダムが管理している部屋が多いので、建物の内装はそこそこきれいです。部屋は一番アラワイ側の角部屋でした。ただし角特有の二方向の窓はなし。

 部屋の間取り等は、また別のページにまとめますが、ほぼ正方形の部屋で、35〜40m2ぐらい?

 要するにステューディオのコンドミニアムタイプで1〜2人の宿泊にちょうど良い広さです。

 そこまで確認して、とりあえず昼寝だと思ってベッドに横になっていたら熟睡。結局10時半から、昼過ぎの2時ぐらいまで寝ていました。
 


トップページヘ
2015年 8月ハワイ旅行記 室内の説明