モロカイ島日帰り旅行?

 ブログにも書きましたが、一人旅の利点を生かして、モロカイ島へ気軽に日帰り旅行ができないかと言うことを調べはじめました。

 きっかけは単純。ネットでモロカイまではプロペラ機で30分という記述を見つけたからです。

 実際、地図を見るとオアフ島のマカプウ岬からモロカイ島の西端まで30kmぐらいしか離れていません。橋があって車で走れば、30分〜1時間で着いてしまいます。

 というわけで、今回行けなくても、次回以降の参考になるだろうと思い、ちょっと概要を調べています。

 先ずは飛行機の情報ですが、オアフ島からはホノルル空港利用。ただしホノルル空港については、インターアイランドとはまた違った場所での搭乗となるようですが、それは後日また調べることにします。

 モロカイ島の空港はホオレフア空港(モロカイ空港?)だそうです。マウイ島からはフェリーも出ているそうで、もしかするとこれの方が楽しいかもしれませんが、その場合はマウイ島に少し長く滞在しないと落ち着かないように思います。

 というわけでホノルル空港ですが、先ずハワイアン航空から調査開始。ハワイアン航空のサイトで、私がハワイに滞在している期間で、ウイークデーを考えて8月5日(水)を選択して検索。

 すると飛行時間は30分。料金がこの日はこの週の中で一番安くて15850円。6日(木)から8日(金)までは、すでに満席でちょっとびっくり。2日の日曜が一番高くて17180円。

 しかし時間帯が悪いですね。最初が早朝6時出発。次が昼の12時15分。最後は夕方5時5分。6時の便ならたっぷり遊べますが、早起きは疲れます。

 一応6時の便を選んで帰りの時刻を見ると、使えそうなのが夕方の5時53分発。もう少し遅くてもよければ7時5分発。

 これで帰っても、飛行時間は30分と言うのが魅力です。8時にはオアフ島に到着し、9時にはワイキキに戻って来れそうです。

 次が最近よく聞く「モクレレ航空」。こちらはハワイアンより便数が多いですね。同じ日程で現在空席があり、時間帯が好都合なのがホノルル空港9時15分発。これがwebスペシャル料金で49ドル。日本円で6100円ぐらい。

 と思ってクリックしたら、どうやら満席。現時点で空いているのは6時10分発。一方ハワイアン同様、帰りには余裕がありそうで6時発や7時25分発が開いています。

 早朝6時でがんばれば往復12200円。ハワイアン航空より安そうです。

 というわけで、現時点ではこの二つの航空会社のみでの移動となりそう。さらに8月5日に限定すると早朝出発便で行くしかなさそう。航空会社は安いほうが良いし、便数も多いモクレレ航空が利用しやすそうです。

 次が現地での移動方法。基本的にはレンタカーと書かれていますので、どんな会社があるのか見てみると、大手のレンタカー会社は一応すべて揃っているみたい。

 しかしたまたま見つけた「モロカイ空港でのレンタカー」というサイトで、上記の8月5日の日程を入力してみると、「空車はありません」という表示。なかなか厳しいです。

 逆に言えば、飛行機もレンタカーもかなり前から予約をしないと遊びに行けないということですね。小さな島なので当たり前かもしれません。

 ちなみにモロカイ島の大きさですが、、東西が60km。南北が一番広いところで15kmぐらい。長方形と言うか蝶ネクタイのような形をしていて、空港から一番東の「ハラワ・ビーチパーク」まで40kmぐらい。往復2時間?

 また西海岸までが20kmで往復1時間。さらに空港周辺の半径10kmぐらいのところにメインの街が二箇所あるみたいです。

 ということは、往復にかかる時間プラス観光の時間を考えて、それぞれ2倍すると、東へ4時間、西へ2時間、中央付近でのんびり2時間。

 さらに1時間余裕をもって8時間ぐらいで観光できそう。レンタカーが駄目でも、もしレンタサイクルがあれば、中央付近の街を観光するぐらいはできそうです。

 以上から、朝10時に島に到着して7時ごろの飛行機で帰るという日帰り旅行は充分に可能のように思えます。
 


トップページヘ
2015年 8月ハワイ旅行記 日帰り観光ツアー