第6日目 ルルズ・ワイキキへ

朝のクヒオビーチ
朝のクヒオビーチ
クヒオビーチにいたゴイサギ
クヒオビーチにいたゴイサギ
ルルズワイキキから見たクヒオビーチ
ルルズワイキキから見たクヒオビーチ
ルルズワイキキのパンケーキ
パンケーキ


 6時半に起きました。起きてすぐ気がついたのが太ももの筋肉痛。原因はもちろんラニカイトレイルです。

 しかし折角の朝ですから、「歩けば良くなるだろう」と思ってクヒオビーチへ散歩に出かけることにしました。ついでに朝食もどこかで食べようと考え出発。

 パシフィックビーチホテルの脇からカラカウア通りに出てビーチ側に横断。夏よりは走っている人が少ないなと思いながらいつもの堤防へ。ここからの朝の景色は何回見ても飽きません。

 堤防方面に曲がったところでワイキキのホテル群を撮影し、ふと足元のビーチを見たら、ゴイサギを発見。アラモアナビーチパークの川の中でも良く見かけます。

 水辺にいる魚を狙っているようで、時々くちばしを水面に勢いよく突き立てています。

 その様子をしばらく眺めてから堤防の先端へ。海中を覗き込み魚がいることを確認し、沖合いのボディボードの妙技を眺め、再び写真を撮り、満足して戻ってくると、角にある「ルルズ」レストランが見えます。

 いつもならお客さんで大混雑なのですが、所々窓際席に空きがあるように見えました。

 今回行ってみたかったお店の一つでもあったので、スタバの横にある階段を上っていくと、階段の正面にメニューが掲示されていました。

 値段を見ると一番安いパンケーキが7ドル、コーヒーが3ドルと書かれていて、景色代を含めてもけっこうな値段です。

 しかし一度は入ってみたいと思っていた店ですから、思い切って入店。「デニーズ」の時代に一度入っただけなので、20年ぶりぐらいです。

 入り口を入ると、特に案内も必要なさそうだったので、すぐ近くにいたウエイトレスのお姉さんに、「あそこで良いか」という意味を込めて指差すと「OK」というような相槌が帰ってきたので、迷わずその席へ。

 正面にクヒオの堤防が見える位置で、ホノルル動物園が見える絶好の位置は、さすがにお客さんがいました。

 ちなみに座席は外に向かってカウンターテーブルとなっているので、独り者やカップルは使いやすいです。私の隣も初老のカップルでした。

 メニューを一応確認して、予定通り「パンケーキとコーヒー」を注文。料理が来るまで、周囲の景色を撮影し、あとはその他のメニューを眺めたりしていましたが、午後3時から5時ぐらいまでがハッピーアワーに設定されアルコール類が安いことが分かりました。

 次回機会があったら利用してみようと思いつつ、後はいつものように読書。

 やがて4枚重ねのボリュームたっぷりのパンケーキが登場。コーヒーとあわせて10.33ドル。チップを2ドル加えて、結果的に12.33ドルで、日本円にすると1500円の豪華朝食となりました。

 ちなみにパンケーキは結局食べきれませんでした。しかし、窓際のカウンター席でのんびり出来たので良かったです。


表紙に戻る 2015年 3月ハワイ旅行記 アウラニのラグーンへ