第5日目 展望台から下山

 降りるときは、足元がかなり滑りやすく、結構神経を使います。それでもちょっと立ち止まって前方を見れば、カネオヘ方面の絶景が広がり、「いやあ〜、いいところだなあ」と独り言が口から出ます。

ラニカイトレイルから見たカネオヘ方面

 さらに後ろを振り返ると最高点の展望台が見えます。ただし本来は展望台ではなく、太平洋戦争当時の砲台後であったような気もします。

ラニカイトレイル展望台 
 足元に注意しながらひたすら降りて行き、トレイル入り口から再びゴルフ場の横を通りバスの通りを通過。そのまままっすぐ歩いて行けばラニカイビーチです。

 しかし足が結構辛い。太ももの辺りにかなりの疲労を感じていました。(翌日から二日ほど筋肉痛でした)

 それでもここまで来てラニカイビーチを見なかったのでは悔いが残ると思い、とぼとぼとビーチに向かいます。

 トレイル入り口から直線距離で300mぐらいでしょうか。住宅街の中を歩きましたが、道路脇に観光客のものと思われる違法駐車の車が多数あります。

 これでは住民の方が不愉快な思いをして当然だなと感じました。幸いにして、観光地に見られるようなゴミの放置等はありませんでしたが、私が歩いている最中も、傍らを駐車場探しの車が何台も通り過ぎていきました。


表紙に戻る 2015年 3月ハワイ旅行記 ラニカイビーチへ