第3日目 アロハ豆腐工場へ

ヒルトンHVのラグーン
ヒルトンHVのラグーン
ヒルトンHVで行われていたカヌーレース
カヌーレース
アロハ豆腐工場入り口
アロハ豆腐工場入り口
アロハ豆腐工場の中の様子
アロハ豆腐工場の中の様子


 疲れていたのか8時半に起きました。フードパントリーで買ってきたパンとハム、持参したコーヒー、ファーマーズマーケットで買ったイチゴの朝食を食べながら、先ずはブログの「家族でハワイに行こう」を更新。

 その後今日の予定を考えますが、事前に調べた私の滞在期間中のイベントに「ヒルトンでカヌーレース」というのがあると言うので、15年ぶりぐらいですが、ビレッジ内を歩いて来ようと決断。

 早速バスでヒルトンに行きましたが、以前来たときよりも建物が増え、道も迷路のように入り組んでいます。

 しかしカヌーレースだからともかく海に向かえば良いんだと考え、ひたすら歩きビーチに出て、右の方に見えたテントを目指します。

 しかしともかく人が多い。賑わっているのは良いことだと思いますが、人が多いとそれだけで疲れます。

 テントの方に歩いていくと、何やら時間を決めて沖の方から一斉にカヌーをこぎ出しビーチに到着するという競技のようです。

 ところが、1回に出場するカヌーが4艘ぐらいなので、正直周囲のにぎわいの割には盛り上がりに欠けます。

 それでも周囲には順番待ちの筋肉質のお兄ちゃん達が多数ウロウロして、その周りで多数の観光客が沖を見つめています。

 レースを2回見て、周辺で行われているハワイアン雑貨の販売を見て、ライブフラを見て(たまたま子供のショーだったので、可愛らしいけど音楽的にはいまいち)お終い。「まあこんなもんだろうと」と思いつつバス停へ。

 特に行く場所は考えていなかったのですが、たまたま来たバスが42番だったので、持参したハワイドライブマップを見て、チャイナタウンの先にあるアロハ豆腐の工場を見てくることに決定。

 バスはチャイナタウンを抜け、川を渡った二つめぐらいの停留所で下車。地図を見ながら歩いていくと、何の変哲もない道沿いに「アロハ豆腐」の看板がありますが、特に小売りをしている様子もなく、工場見学はこっちという案内もなし。

 ただ建物の横にさりげなく開いたドアがあって「Open」の文字が見えたので、「こんなところに入って良いのか」と思いつつ近づくと、ドア近くに販売メニューの案内が書いてありました。

 私は見学だけなのでちょっと申し訳ないなと思いつつ、とりあえず中を見てみようを足を踏み入れます。

 ドアから一歩中に入ると、香ばしい大豆の臭いが漂っています。広さは中学校の体育館ぐらい。

 「こんなところで作っているんだ」と思いつつ眺めていると、近づいてきたおばちゃんが「何が必要ですか?」と聞いてきたので、「見学だけです」と答えると、「入り口付近から見たり、写真を撮影するのはOKだけど、中には入れませんよ」と言われ、その場で撮影。

 そんなやりとりをしていると、ひょっこり横から中年のおじさんが現れて、何やら出来たての豆腐を注文している様子。要するに昔の日本の豆腐屋さんの普通の光景です。


表紙に戻る 2015年 3月ハワイ旅行記 リトルビレッジ