第1日目 成田からハワイへ

 半年前に行ったばかりなのに、やはりハワイは思い入れが違うのか、昨日辺りから気持ちが落ち着きません。

 今日は午前中ブログ等を書いて、さらに最後のジャガイモの植え付けを行い昼食。昼食後結局スーツケースを一回り小さな物に変更し、(空港で測定した値は14.6kgでした)ようやく一息。

 貴重品をショルダーバッグに入れ、後は出発するだけ。飛行機は8時ぐらいの出発だから、「ちょっと早めの3時ぐらいに自宅を出ればいいや」と考えていたのですが、間際になると、「安全運転で早めに空港に行った方が安心できるだろう」と考え、結局3時前に出発。

 高速に乗ってみると、車は多いものの流れはスムースで、三郷ICの辺りが若干混雑しましたが、目的地の「平成ウイングパーキング」には4時50分着。

 すぐに個人送迎で空港まで送ってもらったのは良いのですが、空港着が5時5分。出発時間まで3時間。こりゃ流石に早く着きすぎだろうと思いましたが、どうしようもないです。

 少しでも早くハワイに行きたいという気持ちが強いようです。

 それでもと思いチェックインカウンターに行くと、ホノルル便は5時半からの受付ですと言われ、近くの椅子で読書をしながら待機。その間に銀行の両替レートを確認すると123.39円。割と良心的です。(ヤフーのレートより2円程度高いだけです)

 5時20分ぐらいになると、エコノミーのチェックインの列が伸び、50人ぐらいの人が待機。35分になったので、エコノミーの格安チケットなのに、ゴールドメンバーなので偉そうにビジネスカウンターへ。

 あっという間にチェックインは終了しましたが、、私が目論んで指定していた窓際2席占有は、お隣さんが入ったというここをカウンターのお姉さんが教えてくれたので、「隣が空いている席に変更できますか?」と言うとOKという返事。

 ただしその後に人が入る可能性はあります、と言う条件付き。まあそれでも隣がいない可能性が少しでもあれば助かりますので喜んで変更。

 ついでにラウンジのチケットをもらいすぐに手荷物検査へ。空いていました。1分で終了し出国審査。ここも数十秒で通過。そのままいつものチャイナのラウンジへ。

 定位置?の窓際席に陣取り、ビールを飲み、いなり寿司をつまみにしながら新聞を読んで、週刊誌を読んで、それでも時間がたっぷりあります。

 それでも時間は徐々に進み7時半にゲートへ。しかしこんな時に限って、ゲートはラウンジのすぐ隣。数分で到着。

 7時40分に機内へ。ガラガラの機内かもと予想していましたが、全くはずれました。ほぼ9割が埋まっています。ただし隣の席は空きで、係員のお姉さんに感謝です。

チャイナエアライン ハワイ便の機内食
チキンのパスタ
チャイナエアライン ハワイ便の機内食
パンとジュースの軽食

 当初は指定された通路席に座っていましたが、飛行機が動き出した頃を見計らって窓際に移動。しかし相も変わらず延々と空港内を飛行機でドライブです。

 20分ぐらい走り回って8時40分ようやく離陸。しかし今回の機長さんは慎重なのか、管制塔の指示なのかよく分かりませんが、上昇角度が緩い。本当に少しずつ高度が上がる感じで、耳への負担も少ないようでした。

 9時半に最初の機内食。チキンのパスタとカツ丼だそうですが、すでにいなり寿司を3個ほど食べていたのでパスタを選択。割とおいしかったので良かったです。

 食事をしながら「るろうに剣心」の最終章を見て、導眠剤の「デパス」を服用。窓側に頭を付けて、肘掛けを上に上げて、通路側に足を伸ばした姿勢でうつらうつら。

 次に今回初めてやってみましたが、周りの目も気にせず、通路側に頭を持って行き窓側に足。足は窮屈ですが、上半身を2つの座席にそのまま水平に乗せてうつらうつら。結構寝やすいように感じました。

 やがて日本時間深夜の1時頃夜食。パンとジュースです。食事を終えて、再びうつらうつらしていると、「もうすぐ着陸体制に入ります」といういつものアナウンス。

 日本時間深夜の3時、ハワイ時間朝の8時に、これまた丁寧に着陸。「また来たぞ〜」と内心叫びながら、ゲート到着を待ちます。


表紙に戻る 2015年 3月ハワイ旅行記 ワイキキ・ラナイズに到着