メインテーマは「ホエ−ルウォッチング」

マカプウトレイル途中の鯨の案内板
マカプウトレイル途中の鯨の案内板
マカプウトレイル先端の灯台
マカプウトレイル先端の灯台
この向こうに鯨が見えたらラッキー!


 3月ハワイで何をしようかという贅沢な悩みを楽しんでします。

 とりあえずこの時期に行って絶対にはずせないと思えるのがホエールウォッチング

 ハワイに通い始めた頃、はるか遠くのほうで潮を吹いている姿を見たことが2回ほどありますが、それ以外はまったく経験なし。

 というわけで、先ずはレンタカーで行って鯨が見えそうな場所を検索。と言っても、鯨がどこに出現するかは確率の問題ですから、要は海を近くで見渡せる開けた場所があればよい、ということになります。

 その中で最も有名なのが、2014年の夏も訪れたマカプウトレイル。トレイル終点の展望台からはカイルア方面からオアフ島の東側が良く見えます。

 またトレイル途中には鯨のマークがついた看板があって、そこがホエールウォッチングの名所だということもすぐに分かります。

 この看板近くからは、オアフ島の北東部から南東部にかけての海面を見ることが出来ます。

 オアフ島北部の場合はタートルベイリゾート近辺が良いという記述もありましたが、あのあたりに展望ポイントがあるのかどうか不明です。ホテル周辺はほとんど起伏がなかったような気がします。

 ごくごく単純に私のこれまでの経験で考えるとオアフ島の北東部は、もしかするとカイルア近くのラニカイトレイルが良いかもと思えます。(実際に上ったことはありませんので、3月ハワイの課題の一つです)

 そうやって考えていくと、北東から東側はマカプウ、東側から南東部はマカプウ途中の展望台、南東部から南側はハナウマ湾の尾根筋(外輪山)あたり、もしくは海からは離れますがダイヤモンドヘッドの頂上が良さそう。

 南から南西部にかけてはカカアコビーチパークやアロハタワー、西部はコオリナ方面ということになりそうです。

 しかしいくら海が見えても肝心の鯨がいなければ徒労に終わります。実際ネットでホエールウォッチングの画像を検索すると夥しい数の写真がヒットしますが、陸地から撮影したと思われるものはほとんどありません。

 一方海からの場合は、それこそワイキキビーチが見えるような場所の写真もありますから、やはりタイミングが大きいということなのかもしれません。

 当然ながらホエールウォッチングクルーズ船に乗船しても、実際には見ることが出来なかったという可能性もあるわけで、その意味では、旅行時期が近づいたら鯨の最新情報を手に入れる必要があるなと思いました。

 一方、ホエールウォッチングに合わせて、今年(2014年)の夏動作不良を起こした(今は一応復活していますが)デジカメの買い替えを検討しています。

 一眼レフなんかは別に欲しくない(レンズがかさばりそうで海外旅行には不向きだと思っています)ので、通常のデジカメでいいのですが、鯨を撮影するならやはり倍率は30倍以上欲しいです。

 これは日ごろウォーキングをしながら野鳥を撮影したりしていますので、感覚的にこの程度は必要だと感じているからです。

 ただし30倍と書かれたカメラで30倍にして撮影すると、画像には荒れが目立ちますから、使えるのは20倍ぐらいまででしょうか。そう考えると、50倍ぐらいのカメラで30倍ぐらいにして使うのがベストのように思います。

 またこのぐらいのズームのカメラになると、月面や惑星、星座の撮影といったことにも使えますので、シャッタースピードは最低15秒ぐらい継続出来るものが欲しくなります。というわけで、今考えているのがパナソニックのFZ70という機種。

 これがネットなら3万円弱。年末ぐらいのセールで、さらに安くなったら買おうかなと狙っています。


トップページヘ
2015年 3月ハワイ旅行記 観測場所、オプショナルツアー